石畳清流園


ここは、肱川水系麓川の支流である通称清水川と呼ばれるところ。
背後に見える標高896メートルの牛の峰山麓から流れ出る清水がとても豊富である。
水車は、山村で見られる科学の粋。
わずかな水の流れを利用した天然のエネルギーで、精米、製粉、そして製材まで活用されていたが、
その水車も今では電気に変わり、姿を消した。
この水車は、石畳地区にとっては農村文化のシンボル。
水車がなくなって40数年、水車精米により、熱で変質しない美味しい米の食べ方を再発見しようと、
この地区の若者衆12人と土地の提供者、そして昔の記憶を辿りながら制作にあたった大工さん、みんなの
熱い思いにより「むらおこし」事業として作られたものです。

  水車の名称  岡の成水車
  用途      精米
  水車の形式  あみだ水車
          直径2.5m
  1990年6月完成  石畳を思う会
                水車事始めを引用、改編



下は、管理人が 石畳清流園を訪れた時の写真を少し掲載。そして動画のリンク先です。
 
石畳清流園には、穏やかな時間が流れます


 
石畳清流園の秋



秋空の散策にはとても良い時間と空間を過ごすことができます

11月3日(祝)、水車まつりが毎年開催されます。 石畳清流園は、この日のみ大勢の人でにぎわいます
平成27年11月3日(祝)は、およそ1,200人の方にお越しいただけたようです

 
 


石畳清流園を訪れた時の動画です。(画像、音声の品質悪いものあり。ご容赦を)

      師走の風景       平成26年12月  https://youtu.be/draFp-8Bd2w

      雪の風景          平成27年  1月    https://youtu.be/ASPQgtAJSLY

      皐月の風景   平成27年  5月  https://youtu.be/LGQ3VXDfASQ

      水車まつり        平成27年11月  https://youtu.be/oKCRopxo7Mk






icon 内子町石畳