石畳で引き継がれる技

石畳ではその昔、藍染が盛んな時代がありました。黒山城主子孫の庄屋が東地区で紺屋を営んだのです。 明治になり、この庄屋さんは家を閉じて広島へ行かれたため、藍染もこの時に終わりになったようです。 しかしこの度、東京都瑞穂町に伝わる[板締め染色]の伝統技術を引き継ぐことになりました。

伝統工芸の[板締め染め]

日本三大紬のひとつ国指定伝統工芸品[村山大島紬]。本格的に生産を開始したのは大正8年で、昭和初期には全盛期を迎えました。 トンカラリン、トンカラリンと、江戸時代の頃より歌われてきた機織り歌を口ずさみながら、今でも手織り機で織られる村山大島紬。 東京都瑞穂町を代表する民芸紬で、とても人気があります。その染めに用いられたのが[板締め染色]です。

[板締め染色]のワークショップ

板締とは、模様を掘りぬいた2枚の板の間に布を挟み絞めて染色する方法です。 奈良時代には夾纈(きょうけち)と呼ばれ、東大寺正倉院に数種の作品が残るそうです。 石畳では近く、その伝統技法をワークショップで開催できるよう、準備中です。 人の思い通りにならない、偶然に任せる染め上がりになる板締め。奥深い味わいを自分の手で生み出してみませんか。 ワークショップの予定は、追ってご連絡致します。



 近日、体験ワークショップを開催予定です。
 開催は別途ご連絡致します。

top